「待ち伏せ。」・・・セーラー服・制服の「思い出日記」

「待ち伏せ。」・・・セーラー服・制服の「思い出日記」

 学校の帰り道の途中で気になるあの子を待ち伏せ・・・。

気になるあの子を待ち伏せ・・・。

気になるあの子を待ち伏せ・・・。

 友達と下校して、2人の帰り道が分かれる場所でよくおしゃべりしたわ。


 友達から「ねぇ、もう帰ろうか?」って言われるまで おしゃべりしたの、おしゃべりも好きだけど本当は気になるあの子がその道を通るのを待ってたの、一人でいたら偶然にならないもの。


  あの子はおしゃべりを始めたらすぐに来る時もあれば、いくらおしゃべりを引き伸ばしても来なくて友達に「帰ろう」と言われて仕方なく帰る日もあったわ。

 でもだんだん友達も私の気持ちが分かってきたみたいで、いつからか おしゃべりが途切れると「遅いね」って言われたの、からかわれてるみたいで恥ずかしかったわ。

「待ち伏せ。」・・・セーラー服・制服の「思い出日記」



Ferretアクセス解析