「制服じゃ、きつい遠足。」・・・セーラー服・制服の「思い出日記」

「制服じゃ、きつい遠足。」・・・セーラー服・制服の「思い出日記」

 遠足といえば、お菓子とおしゃべり三昧よね。でも大変な思いをした遠足があったわ。

制服(セーラー服)のままで鬼ごっこして、何度も転びそうになったわ。

 その遠足は電車に乗って移動して、博物館みたいなところを見学してお昼ご飯は小高い丘の上で食べて、自由時間が少しあって、また電車に乗って帰ってくる内容だったの。
 遠足の説明で先生から「駐車場が無いこともあって今回は電車で移動します、当日は制服で学校に集合してください。」となったの。

制服(セーラー服)のままで、鬼ごっこ。

 遠足当日、博物館まではなんともなかっただけど、その後の小高い丘に上がるための階段がすごくきつかったの、「先生この階段、制服じゃきついよ。」って言うと先生が「うーん、下見の時はそうでもないと思ったんだけど、あの時は曇ってたからかなぁ。」だって、私はつい「しっかりしてよ、先生!」と言うと、「悪い、悪い、でもあともう少しだから。」で逃げちゃったの。
 汗をかいて、ようやく丘の上につくとみんな座り込んで、お昼を食べ始めたわ。
 お昼を食べ終わると、丘の上にあった展望台に登ってみたけど、ありふれた風景で時間が余って友達が「鬼ごっこしょっか」って言い出したの、私は「えぇーっ、スカートだよ!」って思わず叫んだの、でも鬼ごっこが始まって私は鬼に捕まることよりスカートに足をとられて転ぶことのほうが気になって仕方なかったわ。

 自由時間も終わって、先生が「みんな集合!」という声が聞こえて、鬼ごっこに夢中になっていた友達も転ばないように頑張ってた私も我に返って、自分達のおてんばぶりに気付いて恥ずかしくなったわ。

 そして最後は帰りの電車の中でいっぱい走って汗もかいたから、汗の臭いが気になってたわ。

「制服じゃ、きつい遠足。」・・・セーラー服・制服の「思い出日記」



Ferretアクセス解析